< Top >     内部進学とは?           成城学園駅前・個別指導塾・東アカデミー

 

 

  

  東アカデミー(top)

   小学から大学までの内部進学

   中学から大学までの内部進学

   小学から高校までの六年制内部進学

   幼稚舎から大学までの内部進学

  内部進学の実態

   内部進学への適性と不適正

   一般受験よりも内部進学の方が難しい

  一般受験の方が向いている生徒

  定期テスト対策への負担は大きい

  内部進学・苦手科目の克服法

  1学期の中間期末の結果で決まる

  小学四年から内部進学対策  

  単位を落としやすい順に数学英語・・

  学年ごとにダブリのあるケース

  中学から高校、高校から大学へ  

  テストの結果通りに判定される内部進学

  一般入試よりキツイ内部進学

   赤点が三つ以上なら、内部進学は無理

   < Home 

 マップ&アクセス

メールによるお問い合わせ

  ( 内部進学について・・よくある ご質問 )

  幼稚舎から大学までの内部進学

  ( 塾長が答えます・・ )

 

幼稚舎から大学までの内部進学に関しては、慶應義塾の幼稚舎の入試に関しては、厳正かつ公正な入試にするために、コネなどの入り込む余地はないものと思われます。 幼稚舎に合格させるための塾も存在しますが、「より能を活性化させる」ような指導していることは十分想像できます。 ”普通の環境”の教育を受けた場合を能力100とすれば、環境条件によっては80〜120くらいの差が出ることは十分考えられます(この数値は、あくまで、学力・教養レベルに限る場合で、社会への適応力・適性・人間力に関しては、また別の数値があるかと思います)。 

 親が得意とすることは、子も得意とするケースが多くありますが、その要因は、遺伝子レベルでの、環境レベルでのことは50%づつあると思われます。 この幼稚舎入試の場合、環境レベルでできることをどれだけするか?にかかっているのでしょう。

本物のエリートは幼稚舎から・・とも言われてますが、進級に苦戦するのも幼稚舎・小学校からの入学生でもあります。