< Top >     内部進学とは?           成城学園駅前・個別指導塾・東アカデミー

 

 

  

  東アカデミー(top)

   小学から大学までの内部進学

   中学から大学までの内部進学

   小学から高校までの六年制内部進学

   幼稚舎から大学までの内部進学

  内部進学の実態

   内部進学への適性と不適正

   一般受験よりも内部進学の方が難しい

  一般受験の方が向いている生徒

  定期テスト対策への負担は大きい

  内部進学・苦手科目の克服法

  1学期の中間期末の結果で決まる

  小学四年から内部進学対策  

  単位を落としやすい順に数学英語・・

  学年ごとにダブリのあるケース

  中学から高校、高校から大学へ  

  テストの結果通りに判定される内部進学

  一般入試よりキツイ内部進学

   赤点が三つ以上なら、内部進学は無理

   < Home 

 マップ&アクセス

メールによるお問い合わせ

  ( 内部進学について・・よくある ご質問 )

  赤点が三つ以上なら、内部進学は無理

  ( 塾長が答えます・・ )

 

主要科目・必須科目に赤点が3つ以上あると内部進学は無理です。 

 小学生であれば、義務教育でもあり赤点というものはありませんが、少数、分数計算が出来ないとか、割合に意味が殆どつかめないとか・・であれば、上の中学に上がっても学業についていけませんという理由で「転校」を強いられます。 それから、何をするにも積極性が感じられない・・著しくモチベーションが低いとか、校則を守れないとか、著しく協調性に欠けるとか・・。 学校側からすれば「厄介な子」として見られ、学校の評判にも関わってきますから、「お断り」されるのもいたしかたないことと思われます。

 ここで、よく議論されることですが・・・ やる気のない子とか、協調性に欠ける子とか、、、それこそが学校教育で矯正されることではないか!と言う親御さんもいますが、私個人の意見としては、それは違うと思います。 それらは、親の子供に対する教育(育て方)の範疇にあり、学校教育だけで直せることではありません。 小学から中学への内部進学を断られた親御さんが、学校側を訴えた裁判がありました。 親御さんとしては、エスカレーター式に上がっていけるとばかり思っていたのでしょうか、学力不足で進学できないことが学校の責任とでも思っているのでしょうか、同じ教育を受けながら成績の良い子もいるわけですから、学校側の責任を問うことは甚だお門違いと言わざるおえません。それと、もうひとつ、学力不足のまま進学しても、学業についていけなければ、生徒本人が一番つらいことなのですから。

 主要科目に赤点が3つ以上あるとその学校のカリキュラムにはついていけないと判断されます。 転校して、もう少しレベルの低い学校へ転校した方が本人のためにもなります・・ということでしょうね。 中学から高校へ上がる過程で「宣告」されます。 高校は選抜された生徒が来るところであり、義務教育ではないという理由もあるのでしょう。