< Top >     苦手科目を克服する       成城学園駅前・個別指導塾・東アカデミー

 

 

  < Home >

 <暗記科目系について>

   暗記科目が苦手です

   歴史が覚えられない

   地理が暗記できない

   政治経済が理解できない

   理科の第一分野が苦手

   理科の第二分野が覚えられない

  <古文・漢文・現代国語>

   古文の活用を覚える意味は?

   漢字の読みは出来ても書き取りが?

   百人一首を覚えることの意味?

  <英語・英検>

   暗記が不得意だから英語が苦手

   英単語を覚えるコツは?

   いくら頑張っても英語ができない  

   英語の長文が苦手 

   英語・語順の並べ替えで失点

   英検でリスニングが苦手  

   英検の文法問題で得点できない

   英語の対話文が苦手

  <理数系科目>

   理数系が苦手意識を解消したい 

   数学は得意だが理科は苦手

   理科は好きだが数学ができない

   計算は得意だが文章題ができない

   算数・数学で計算間違いが多い

  <学習方法>

   勉強の速度が遅い

   集中力が続かない子供

   テストで時間が足りなくなる

   定期テストは得意だが実力がない

   模試は良いが定期テストがダメ

   長期的な記憶と短期間の記憶

   一夜漬けは得意だが実力がない

   頑張ってはいるが結果が出ない

  <その他・一般論>

   時代の価値判断と進学の在り方

   どんな塾ですか?

 マップ&アクセス

メールによるお問い合わせ

   < Home >

  ( よくある ご質問 )

 

 暗記科目が苦手です

 

  ( 塾長が答えます・・ )

 

どの科目が暗記科目で、どの科目がそうではないのか? という“既成概念”を見直す必要があります。 私に言わせれば、数学は、基本的には理解することから始まりますが、理解することをクリアできればその先は「暗記科目」なのです。

数学の勉強の仕方は・・・まず最初はしっかり理解すること。 例題を参考にしながら、その問題の式の運び方・答案の書き方までしっかりを真似をして、覚えてしまうこと。 定期テストでは、およそ30題くらいを答案の書き方までしっかり覚えてしまうこと。 学校の定期テストであれば、出題される問題の80%は例題の数字違いの問題になってます。 そのように勉強すれば、計算間違いさえしなければ、70点以上は取れるはずです。 入試対策においても、理数系でも、例題の難易度は上がりますが、およそ300くらいの例題を覚えてしまえば、70%近く得点できるようにテスト問題は作られてます。

この「覚えてしまうこと・記憶すること」が問題を解く速度上げ、時間的余裕を持てるようになり、計算間違いを減らせることに繋がります。 

ところで、社会や理科は理解をすること自体がとても難しい科目です。 社会が得意な人は、だいたい理科が苦手です。その逆もあります。 普段からの興味の持ち方に因るのでしょうが、両方得意ということはほとんどありません。 科目として、英数国は、出来れば便利でできなければ不自由するという意味で「生きるための手段」です。 理科・社会は、教養の基盤となる科目です。 生物・化学は理解できるが、物理は難しい・・とい例もあります。 (

英数国は使いこなせればよいのですから、覚えてしまえばそれですむことです。 ところが理科・社会は理解することがとても難しく、理解できないことを覚えることはほとんど無理です。 丸暗記をすればよいという人もいますが、ある程度の点は取れても、理解もせず、長期記憶に繋がらなければ「学ぶ」意味がありません。

 日本語は、我々にとってネイティブスピーカーなのですから、文法など知らなくても使いこなすことはできる(文法的に正確な日本語を使えることも大切ですが、それを言うなら、英文法を学び、英語をより使いこなせるほうがずっと有利になります)。

 勉強する科目によって勉強の仕方が違うように、頭の使い方も違います(脳の使っている分野が違うのだと思います)。 科目によって、脳の使い方(頭の切り替え)が必要になってきます。 ちょっと深呼吸をして、「今度は数学をするんだ・・・」というように、頭を切り替える練習を意識的にすることをお勧めします。

  それは本題に戻りますが・・そもそも、暗記科目だと思ってる科目は暗記科目ではないのです。 社会を暗記科目と持っている人は多いと思いますが、それは大間違いです。 時代には流れがあり、次の時代へ代わっていくことには必然性があります。 それらを知り理解することによって「今をどう生きるか?これからの未来がどうあるべきか?」を考える糧となるわけです。すべての教科(学問と言われるもの)は今(現代)に何らかの形で貢献できるものです。「

  

  

  

 

 

 

 東(ひがし)アカデミー  TEL 03-3417-4849 (電話受付 平日:4:00〜9:00) 東京都世田谷区成城 2−35−12 <地図を見る