< Top >   勉強はなぜ必要か           成城学園駅前・個別指導塾・東アカデミー

 

 

  

  東アカデミー(top)

 なぜ、勉強する必要があるのか?

 学歴は必要か?

 親が子に勉強させようとする理由

 高学歴とは?

 学歴がないとなぜ不利なのか?

 資格の必要性

 英語が使えないと不利はあるのか?

 偏差値について・・

 経済的自立

 精神的自立

 ニートについて・・

 社会人として問われること・・。ヲ

 社会人として使える人と使えない人の違い

 この世の8割がたはサービス業です

 2020年以降に問われる人間像

  2020年以降の社会的構造

  時代の流れに左右されない生き方をしよう!

 部活やサークル活動をすると就職に有利か

 好かれる人と好かれない人の違い

 肉体的健康も精神的健康も大切です

   < Home 

 マップ&アクセス

メールによるお問い合わせ

  (生きる意味を考えてみよう)

  偏差値って? 様々な角度から考えみよう!

  ( 塾長が答えます・・ )

 

偏差値って何なんでしょう? 

問題が易しければ全体的な点数は高くなり、難しければ平均点は低くなり、当然のように自分の点数も下がります。 そこで、「絶対点数」という・・・25〜75(50が真ん中と考えてよいです)で評価するようにすれば、問題の難しさには関係なく、自分の実力や(全体の中の)位置などを客観的に知ることができます。 模試などでも、受験者の70%くらいは40〜60の間に入っていると考えて良いでしょう。

偏差値の出し方というものはちゃんとあるのですが、それを知ったからといってそう意味のあることではないので、省略します。 20以下や80以上の偏差値というのも出ることはありますが、例外的なことで、ほとんどないと思っていいでしょう。

偏差値は、模試のレベルによって違います。 難関校受験者ばかりを前提としたものであれば、60を超えることは難しいことですが、ほとんどの人が受けるような全国模試では、レベル的には低くなりますから、60をとることはそう難しいことではありません。 ハイレベルな人ばかり受けるような模試での偏差値50は、全国レベルの易しい模試の偏差値60に相当するようなことは珍しいことではありません。 

また、進学塾などでの中学入試模試では、小学生の上位40%くらいの人だけが受けるので、偏差値50でも小学校ではかなり上位に位置します。 中学受験で上位30%くらいの生徒は六年制進学校に入ってしまうこともあり、高校受験はしませんから、高校入試模試での偏差値70は、中学入試模試での偏差値60くらいに相当すると考えればよいでしょう。

また、大学入試模試などでの偏差値も再考の必要があります。 A〜E(5段階の)判定の出る模試では、当のことながら浪人生も含めての判定となり、中学や高校入試と異なって、厳しい判定が出てきます。 それでも、現役生の場合は、伸びしろが大きいこともあり、C判定(合格率50%)であれば十分勝負できます。 逆に浪人生はAまたはB判定でないと合格は難しいと考えることです。

 偏差値教育と言われるように、偏差値といえば”悪い”印象が先行しますが、問題の難易度に関係なく、学力を判定できる便利な数値と考えればよいでしょうね。