< Top >   勉強はなぜ必要か           成城学園駅前・個別指導塾・東アカデミー

 

 

  

  東アカデミー(top)

 なぜ、勉強する必要があるのか?

 学歴は必要か?

 親が子に勉強させようとする理由

 高学歴とは?

 学歴がないとなぜ不利なのか?

 資格の必要性

 英語が使えないと不利はあるのか?

 偏差値について・・

 経済的自立

 精神的自立

 ニートについて・・

 社会人として問われること・・。ヲ

 社会人として使える人と使えない人の違い

 この世の8割がたはサービス業です

 2020年以降に問われる人間像

  2020年以降の社会的構造

  時代の流れに左右されない生き方をしよう!

 部活やサークル活動をすると就職に有利か

 好かれる人と好かれない人の違い

 肉体的健康も精神的健康も大切です

   < Home 

 マップ&アクセス

メールによるお問い合わせ

  (生きる意味を考えてみよう)

  精神的自立とは? 様々な角度から考えみよう!

  ( 塾長が答えます・・ )

 

経済的自立とは、簡単にいえば「自活すること」なのですが、精神的自立の定義は難しいことになりますし、真の意味での精神的自立とはどういう風に捉えれば良いのでしょう。

決定権が自分にあり、その決定によっていかなる自体が起ころうと、その責任は自分で取ることのできる「自分」があることなのでしょうか。 こう考えてみると、経済的自立なくしては精神的自立もできそうにありません。 

話は変わりますが、人は何かに依存しているように思われます。 酒、異性、ギャンブル、アルコール、タバコなどですが、これはストレスを発散させ、自分の中である種のバランスを取るための行為とも考えられます。 これらは程度問題であれ、そのことによって日常生活や家計に支障をきたさない限りは、それで良いわけです。 経済的に自立していて、精神的に”自己管理”できていれば、良いわけです。 これは、スポーツや趣味などであれば、尚更良いことなのでしょうね。 それと、これが基本だとも思いますが、家族の団欒であったりするわけです。

人はいずれにしても、何らかの依存症であると思われます。 何かを頼りにしないと精神的にバランスを崩す”生き物”なのかもしれません。 宗教の存在もこうしたことから説明出来ると思われます。 

詰まるところ、経済的にも精神的にも自立していて、社会生活に支障をきたさない程度に”自己管理”できていることがのぞまれるわけですね。

 

また、真面目な人が陥りやすいストレス・悩みについて ・・・・・・

ここで、真面目な人とはどのような人か?定義しておく必要があります。 トラブル・心配事は努力すれば解決できると考えていることです。 家族関係において、仕事上において、学生なら学業において、恋愛や友情について、真面目な人たちは努力すればそれらの多くは解決できると信じていることです。 10のトラブルがあれば、解決できるのは一つか二つで、トラブル・悩みの多くは自分ひとりの努力ではどうにもなりません。 それら解決できない悩みと向き合って生きてゆくことは精神的に難しいことでもありますが、だからといってその事態から逃げられることでもなく、それが重なれば鬱状態にもなります。 向き合うことでもなく、だからといって逃げ腰になるのでもなく、背負って生きることが人生である・・というくらいに考えておくとよいでしょうね。 だから、生きてゆくことは背負い込むものが多いのですから、精神的な”足腰の強さ”が求められるわけですね。 悩みも背負い込むものも大きいほど、感動も大きい・・くらいに思っていればよいのでしょう。