< Top >   勉強はなぜ必要か           成城学園駅前・個別指導塾・東アカデミー

 

 

  

  東アカデミー(top)

 なぜ、勉強する必要があるのか?

 学歴は必要か?

 親が子に勉強させようとする理由

 高学歴とは?

 学歴がないとなぜ不利なのか?

 資格の必要性

 英語が使えないと不利はあるのか?

 偏差値について・・

 経済的自立

 精神的自立

 ニートについて・・

 社会人として問われること・・。ヲ

 社会人として使える人と使えない人の違い

 この世の8割がたはサービス業です

 2020年以降に問われる人間像

  2020年以降の社会的構造

  時代の流れに左右されない生き方をしよう!

 部活やサークル活動をすると就職に有利か

 好かれる人と好かれない人の違い

 肉体的健康も精神的健康も大切です

   < Home 

 マップ&アクセス

メールによるお問い合わせ

  (生きる意味を考えてみよう)

  社会から歓迎される人、歓迎されない人・・ 様々な角度から考えみよう!

  ( 塾長が答えます・・ )

 

好かれる人と好かれない人との違い・・とは言っても、この問題は個人的に好かれる人かどうか?社会的に歓迎される人かどうか?という分け方が必要になってきます。

個人的に好かれる人かどうか?という問題からです・・・簡単に言えば、性格が良いかどうか?信頼できるか?約束をちゃんと守れるかどうか?最近では、”空気”を読めるかどうか?もちろん、常識・良識の有無は問われます。

ここで問題なのは、後者の社会的に歓迎される人かどうか?ということです・・・社会人として問われること・。 これは、人が生きていく上で職業にありつけるかどうか?とい意味では深刻な問題なのですから。 社会的意味での”空気”が読めるかどうか?ということなのです。 会社に属していれば、その企業がどのようにして利益を生んでいるかを感じ取れる人であること、どういう行動がその企業の利益につながるかどうかを感じ取り(理解し)、それに沿った行動を積極的にとれる人かどうか・・です。 また、部署に所属すれば、その空気感を感じ取れる人であることです。 できれば、人間的にも好かれる人であることが得なことではありますが、先ずは、社会的に信用される人であること(時間や約束が守れる人)が重要です。 次に人間的に好かれる人であることは言うまでもありません。 

話をもっと踏み込んで考えてみます・・・ネガティブ思考の人が敬遠されるにはそれなりに理由があります。 ネガティブ思考の人にありがちなのは、責任の所在を自分にしないことなのです・・・(自分の責任です・・とは言いながら、詰まるところ)自己責任の問題として考えてないこと、責任追及されると逃げることが上手な人です・・(過去に誰からかに責任追及されていることもありますから)逃げ慣れているからなのでしょうか。 それから、自己責任として物事を考えない人の多くは他者責任の問題として、すり替えてしまうことに長けてますから、付き合いが長くなれば、周囲から嫌がられるのは必然です。 自己責任として物事を考えない人のもう一つのタイプには、「社会が悪い。環境が悪い。運がなかった・・」など、その”言い訳”はいくらでもあります。 (自分の状況の悪さを)社会問題として、不服・不平を語る多くの人は”このタイプ”の人が多いことは経験的に知っていることでもあります。

それから、人を見る目を養う必要があります。 こういう人とは関わらないようにしましょう・・・というマニュアルがあるとすれば、その一番目には、「明日から頑張るから・・」というような言い方をする人は、明日になれば同様な言い方をします・・・いつになっても行動しない人です。 このタイプの人の多くは、話が”面白い”ことですね。 なぜかといえば、やりもしないことでから、話は大きくなりますし、面白おかしく語ることに長けてます(特に、女性はこういうタイプの男性に引っかからないようにしましょう)。 ところで、行動的な人はというと、話は現実的になりますから、「今、介護関係の資格を取るために勉強している」というような話になりがちなので、(夢?がなく)現実的な話が多くなりますから、恋愛の相手としては”退屈な人”になってしまうわけです。 夢を持つことは大切なことですが、夢を語る人の多くは怠け者であることです。 行動的な人は、既に夢に関わってますし、その夢に一歩踏み込んでます。 したがって、現実と向き合った話になります。