< Top >   勉強はなぜ必要か           成城学園駅前・個別指導塾・東アカデミー

 

 

  

  東アカデミー(top)

 なぜ、勉強する必要があるのか?

 学歴は必要か?

 親が子に勉強させようとする理由

 高学歴とは?

 学歴がないとなぜ不利なのか?

 資格の必要性

 英語が使えないと不利はあるのか?

 偏差値について・・

 経済的自立

 精神的自立

 ニートについて・・

 社会人として問われること・・。ヲ

 社会人として使える人と使えない人の違い

 この世の8割がたはサービス業です

 2020年以降に問われる人間像

  2020年以降の社会的構造

  時代の流れに左右されない生き方をしよう!

 部活やサークル活動をすると就職に有利か

 好かれる人と好かれない人の違い

 肉体的健康も精神的健康も大切です

   < Home 

 マップ&アクセス

メールによるお問い合わせ

  (生きる意味を考えてみよう)

  心身共に健康であること 様々な角度から考えみよう!

  ( 塾長が答えます・・ )

 

言うまでもありませんが、肉体的健康と精神的健康は大切です。 肉体的であれ精神的であれ、休養をとれば疲労は回復しますし、免疫力や抵抗力という、人がもともと持った内側の力によって、回復・自然治癒していきます。 

 見落としがちなのが・・・肉体的健康は実際に日常的に体感がありますが、精神的な疲れは知らず知らずのうちに蓄積していきます。 病は気から・・という言い方がありますが、ストレスが病のきっかけ・引き金になっていることは多くあります。 データ的にも、仕事をする年齢を対象にした調査では、病の半分はストレスが原因であると言われます。 精神的健康(ストレス)の解消がいかに大切かが分かります。 

 勉強だけできて、人間性に”問題”がある場合も上のような例にもれません。 要は、偏差値だけ高くて人間性に問題がある場合です。 人間性に問題がある場合、周囲から相手にされなかったり、無視されることはよくあります・・・会社や社会では、これを「いじめ」というようなことで問題提起します。 普通で当たり前なコミュニケーションがとれないようであれば、その人は社会的にも社内的にも孤立することになります。 無視された”本人”にとっては、周囲から結託されて”いじめ”を受けたと感じるのでしょうが、関われば問題を起こすと考えれば、周囲の人たちはその人とは関わろうとはしません。 ”下手に”関われば、いじめた人として”加害者”にされてしまいます。 そいうことを周囲の人たちは経験的に分かってますから、人間性に問題があると思われる人には皆が寄り付きません・・このことは、結果として皆にハブかれたことになり、本人としては皆からいじめられてと思い、こういうことは社会に出てからだけでなく、学校時代から起こっていることでもありすが、本人や親族はいじめを受けた被害者として会社なり学校なりにクレームなり被害届を出すことになります。

 学校であれ、会社であれ、こういう”いじめ”は必然的に起こってしまいます。 このような”いじめ”が顕著になったのは、バブル崩壊後のことであり、会社で言えば”宴会要員”と言われるような人材を(会社側が)置けなくなってしまったことも一因しているとも言われます。 この”宴会要員”と言われるような人は、機械で言えば人間関係の潤滑油的な役割をしており、先に挙げたようなコミュニケーションを上手く取れない人たちに”人付き合いの仕方”を上手に教えた人たちと思われます。 また、学校などでも、孤立しがちな子を庇う生徒がいたものです。 社会のあり方大きく変わり、利益ばかりを追求するあまり、会社からは”宴会要員”という人材を排除し、孤立しがちな子を庇う生徒もいなくなってしまったのでしょう。

好かれる人と好かれない人の違い と 社会人として使える人と使えない人の違い を参照してください。 肉体的健康と精神的健康という問題から、もう一歩踏み込んで、”歓迎される人”と”迷惑な人”という話題になってます。。