大学入試情報

                < 文学部 >

   学・哲学・思想・歴史を大きな柱として、心理学・社会学(行動科学)・外国語など・・・・

入試情報/Top

 

 法学部

 経済・商学部

 文学部

 教育学部

 芸術学部

 社会(福祉)学部

 情報学部

 理工学部

 農学・水産学部

 

 看護(保健)学部

 薬学部

 医学部・歯学部

 

 

 

 

 

 

 入試情報/Top   

思想や歴史、文学と文化事象、言語や心理研究などを通じて、広い視野から人間を探求することが、文学部のテーマである。
学問の伝統をふまえながら練り上げられた教育手法で基礎を固め、そこから徐々に応用的な分野の研究に取り組む段階的なカリキュラムが組まれている大学がある。文化学部・教養学部として独立した学部を設立する大学もある。 これから先の未来では、10%程度の高度な大学教育を前提とする旧帝大と早慶など、教養とそれぞれの専門的なスキルを身に着けるための準上位校(地方国公立・MARCH)、これまでの専門学校と同様な即戦力となるための一般私立校に分類されていくようです。いわゆる、学問をするための教育課程を履修するための素養と士気を持ちうるのは上位10%程度で、それ以下は実務的な教育内容に変わってゆくということです。ヨーロッパなどではこれまで当然のように行われてきたシステムにやっとこの国も実現するということですね。

最近では、文学部自体の人気は明らかに下がってますね。文学部というより、それ以上に細分化されていて、もしくは、国際関係学部とか総合政策学部とか、・・コミュニケーション学部などに他学部として扱われるケースが多くなってます。

 

      

 

 21世紀を迎えた今、日本の社会の国際化・情報化・流動化がますます進み、それに伴って大学に求められる役割や期待も大きく変化してきています。対話の技法・言語分析・その言語を母国語とする地域の文化・歴史・政治・経済を研究対象とするのが外国語学部です。

東アカデミー

 

       

哲学・文学・言語学・社会学・心理学・歴史学・地理学などを包含する大きな学問領域を、人文社会学科として一学科に納めた大学もある。領域間の垣根がないので、人間の文化と社会についてより柔軟に学ぶことができます。 それと、人は一般的に世界中で、母国語を話し、その言語をもとにして記憶し、思考する。したがって、言語が変われば、思考過程は変わり、行動にも多様性が生まれる。だかこそ、母国語だけでなく、外国語を習得することはとても大切なこととなっている。多言語を使えるということに留まらず、その言語を使う人たちの慣習や思考過程に想像力が及ぶようにもなる。 個人と個人のコミュニケーションの基盤に言語があるように、民族、宗教、国家や地域の違いからくる ”不理解” の解消にも役立つこととなる。

 キャリア教育を受けることによって、卒業後の自分の進路を早期から見据えることが可能となり、大学4年間をより有意義に生活することが可能となります

       教育学部

                                      < 東アカデミーTop >