大学入試情報

            < 学費・経済面・奨学金 >

 初年度に費用の目安は、国公立であれば80万、私立文型であれば115万、私立理系であれば150万、専門学校であれば120万と考えればよい.。

試情報/Top

 

 専門学校

 新設大学

 資格を取るなら

 能力検定

 短大

 推薦(AO入試

 センター入試

 偏差値

 オープン       キャンパス

 予備校・塾

 学費・奨学金

 アルバイト

 

 

 

 中学受験

 高校受験

 

 

 入試情報/Top   

 生活費・・・自宅外であれば14〜15万円(首都圏)、その内の9万円は仕送りから賄われることになる。

 

初年度に費用の目安は、国公立であれば80万、私立文型であれば115万、私立理系であれば150万、専門学校であれば120万と考えればよい.。

 

 

進学費用をサポートしてくれる制度にはいろいろある。
お金を返済しなくて大丈夫なものや、必ず返却しなければならないもの、借りることで利息がつくもの、つかないもの、制度によって、返済期限なども異なるので、各制度の仕組みを理解することから始めよう。 

 

奨学金制度・・・貰えることもあれば借りられることもある。学校貸与制度・・・用途に合わせて借りられる。新聞奨学金・・・働く代わりに給与として支払われる。教育ローン・・・意パンローンに比べて金利が低い。

 

 

 

公立校であれ私立校であれ、18歳で高校を卒業する。この時点で、自分ががどんな仕事向いているのか?それなら、どのような大学・専門・短大または実務・仕事に就けばよいのか?多くの高卒生にはよく分からないことであり、人生の磁路に立たされる。 この場合に知っておきたいことが、偏差値50以下の大学への進学は、それ自体で意味がないことであるばかりか、奨学金を借りれば卒業までには300万円の借金になる。これを卒業後10年以内に返済しなければならない。冷たいい方にはなるが、偏差値60以下の学力で大学に通う意味はない(なぜなら、高度な専門的分野であり、基礎学力的に無理がある。ただ、高卒で就職することには勇気がいる。「高卒」として、学歴面で生涯ハンデを負うことになる。 だからと言って、遊んでいるわけにはいかない(日本では特に、大学入学まで、2,3年バイトをしながら世の中を知ってみるような風習がない)。実際のところ、エリートとして50歳前後まで高給をとれるのはせいぜい10%未満であるように思う。そのエリートたちも、40歳前後からは今や安泰ではない。そことひとうt、開き直って、人生は楽しむためにあるのであって、「仕事にすがる」ような生き方は惨めじゃないのか?そんなように思う。一回きりの人生なら、面白く生きること。時代の価値観に縛られるから、生きることの本質は見えてこない。もっと、達観してみたらどうだろう?            

 国立大学の学費は学校・学部によらず一定で、入学金275000円、授業料478800円(平成11年度)です。つまり、初年度約80万円程度かかります。単科大学だと、これに同窓会費(?)などで10万円程度プラスされることがあります。次年度以降は入学金は不要です。平成11年度から学費は物価スライド制になり、値上げすることがあります。

 防衛医科大学校、自治医科大学、産業医科大学では授業料が全くかかりません。ただし、卒後9年間は自衛隊の部隊や地方病院など、各大学指定の場所で勤務しなければなりません。

 

   Top > <体験学習> <費用> <地図> どんな塾ですか?  東アカデミー TEL 03-3417-4849          

 

  塾講師募集   理系を募集   理工学部生募集    国公立性募集   理系・国公立大学生を募集