< Top >     どんな塾ですか?           成城学園駅前・個別指導塾・東アカデミー

 

 

  < Home

  どんな塾ですか?

  体験学習について・・・

  場所がわかりません

  講師について・・

  通塾する生徒について・  

  週に何回通えばよいですか? 

  指導科目について・・

  私立小学校での内部進学  

  定期テスト対策

  中学受験をすることについて・  

  中学受験への適性について

  高校受験への対策

 高校受験・学校の選び方

  大学受験で結果を出す

  家庭教師では成績が上がらない

  数学が苦手なのですが・・

  文系科目が苦手ですが・・

  漫画は役に立つのかどうか?

  勉強することの大切さを伝える

  成城学園前駅近辺で個別を探す

  自習室の利用

  家で勉強しません

  学歴は大切ですか?

  生涯学習について

  一人っ子(独りっ子)であること

  受験後の反動で成績が下がる

  ダブリと留年

  内部進学では希望の学部がない

 普段は部活で通塾できない

 部活と勉強の両立

   < Home 

 マップ&アクセス

メールによるお問い合わせ

  ( よくある質問 )

  部活と勉強の両立

  ( 塾長が答えます・・ )

  

 

 

 

 

  まず第一に体力的な問題があります。 特に中学一年生の場合、体がまだまだ成長期にあり、三年生と比べればかなりに体力的には劣ってますから、練習がきついことは当然起こってきます。 小学生から中学生になる過程では、周囲が想像する以上に変化もあり、ギャップも大きいものです。 

公立中学の運動部では、週三日~四日(4:00~6:00)の練習が普通です(日曜日に試合・大会などが入ってくれば、体を休める時間もありません)。 顧問の先生が熱心であったり、その部活が他校と比べて強ければ、ますます練習はキツいものになります。 一般的に、文化部では練習日は少なく、体力的には楽だと思われます。

週四日(4:00~6:00)の練習が続くとなれば、家に帰ってきたときはクタクタでご飯を食べて寝るだけ・・・ということになりそうです。 自宅学習は、定期テスト前の一週間程度ということになり、当然のことのように、学力上足に陥ります。

勉強とスポーツを両立することが大切ですが、1年時ではあまり無理をさせないことです。 なぜなら、中学の生活自体が嫌になってしまう子も出てきますから。 また、部活を続けられなくて辞めた後に、体力的なコンプレックスを残します。 その子が体力的に続けていけるかどうか・・見守る必要があります。

 

先ずは出来ることから始めましょう・・・部活を続けていくことで大切なことは、時間のケジメをしっかりさせることです。  6:00に終わった後にダラダラしないことを習慣づけることです・・友達同士の付き合いが大切とか、言い訳はいくらでもありますが。 

 部活をつづけることの大切さは、時間のケジメの大切さを知ることばかりではありません。 現代では、一人っ子が多いことから、家庭や友達関係だけでは濃い人間関係を知ることが難しく、部活で汗を流しながら学ぶことも多いことを知っておきましょう。 合宿などでの集団生活がその後の人生に大きく役立つこととなります。 乱暴な言い方になりますが、理屈ではなく体で学ぶことも多くあるのですね。