< Top >     どんな塾ですか?           成城学園駅前・個別指導塾・東アカデミー

 

 

  < Home

  どんな塾ですか?

  体験学習について・・・

  場所がわかりません

  講師について・・

  通塾する生徒について・  

  週に何回通えばよいですか? 

  指導科目について・・

  私立小学校での内部進学  

  定期テスト対策

  中学受験をすることについて・  

  中学受験への適性について

  高校受験への対策

 高校受験・学校の選び方

  大学受験で結果を出す

  家庭教師では成績が上がらない

  数学が苦手なのですが・・

  文系科目が苦手ですが・・

  漫画は役に立つのかどうか?

  勉強することの大切さを伝える

  成城学園前駅近辺で個別を探す

  自習室の利用

  家で勉強しません

  学歴は大切ですか?

  生涯学習について

  一人っ子(独りっ子)であること

  受験後の反動で成績が下がる

  ダブリと留年

  内部進学では希望の学部がない

 普段は部活で通塾できない

 部活と勉強の両立

   < Home 

 マップ&アクセス

メールによるお問い合わせ

  ( よくある質問 )

漫画の効用

  ( 塾長が答えます・・ )

  

 

 

 

 

  漫画を読む子の多くは国語力があります。 考える力や想像力が鍛えられるからなのでしょう。 逆に、漫画を読まない子は小説などもにも興味を示すことが少なく、ますます国語力は衰えます・・・数学の応用問題などでも、読み込む力が上足しがちです。

子供の頃、何かに興味を示したり、生きることに真摯に向き合おうとすれば、そのヒントは(文字だけで書かれた小説や挿絵程度がのせてある伝記などよりも)手短にある漫画なのかもしれません。  「ドラゴンボール《は、サッカー選手にとっては、世界的な必読書とも言われてます。

そもそも、この漫画文化?のハシリは団塊の世代でもあり、今やその孫の世代になって、この漫画文化を享受するに至っているようでもあります。

漫画を読むから国語力があるのかどうかは分かりませんが、積極的に生きようとする子ほど、漫画をよく読みます。 興味を深く掘り下げていくとき、悩みに真摯に向き合おうとするとき、そこに漫画があるのだと思います。

すべての漫画がタメになるというわけではありません。 だからといって、(大人目線で)害になると思われる漫画を一方的に規制するのも変なことです・・・子供のタメにならないと言いながら、子供のタメではなく、自分(大人)が安心したいタメなのでしょうね・・・大人の世界を子供に知られては困るという(大人の側の)防衛本能かもしれません。 興味本位な性的好奇心が知的好奇心へと変わっていくことを知らない大人の言い分かもしれません。 ”自然であることの意味” を考えなおして見てはどうでしょう。  自身の(常識という)狭い世界観を子供にまで押し付けないことです。

 漫画で広がる世界観・・・ 

 もちろん、読書することで世界観が広がることは確かです。 文字からの想像力が鍛えられるからです。 ところが、子供たちにとって、絵が主体となった、短い台詞付きの漫画が世界観の広がりに大きく貢献している事実は否めません。 チャリで行動する範囲にしか興味を持たない子供たちにとって、世界観を広げ深めることに大きく貢献している事実でもあります。

 世界観が狭いことの弊害・・・例えば、神の教えを第一義と考える人たちの多くは、他の神を信じる人や、無神論者の人たちへの壁(偏見・差別)ができやすいことです。現在は、グローバルな時代であり、難民などを抱えるEUでの深刻な問題となりつつあります。 無神論者やキリスト教徒がおおいEUの人たちは、社会の在り方を第一義と考えており、宗教は個人てなことであり、政治には関与しないというのが現在の在り方です。そこへ、神の教えを第一義と考える人たちが数十万単位で入ってくれば、大きな社会的問題となるのは必然です。

 先ずは、自国民が入れないようなエリア(コミュニティー)が出来ること。新たな宗教的対立・人種的対立が生まれる。 難民の多くは、教育レベル(就業意識)が低く、スキル面を含めて、失業者になる者も多い(イギリスでの難民受け入れは100万人であるが、その50%は失業者であり、 それらの人たちの福祉費は国の税金で賄われる。