大学入試情報

                < 教育学部 >

   学校教育・生涯教育・教員養成・芸術文化・地域科学・人間環境教育・・・

入試情報/Top

 

 法学部

 経済・商学部

 文学部

 教育学部

 芸術学部

 社会(福祉)学部

 情報学部

 理工学部

 農学・水産学部

 

 看護(保健)学部

 薬学部

 医学部・歯学部

 

 

 

 

 

  Home

 入試情報/Top   

教育学部では、豊かな人間性と幅広い教養を基礎とする実践的指導力を備えた教育従事者、社会教育、企業内教育等の分野で活躍することのできる、広い視野と多彩な能力・技術を有する人材、あるいは今日的かつ学際的な専門性をもち、幅広い職種・分野の第一線で指導的役割を果たしうる人材を育成することを目指している。

 

 近年、科学技術の進歩や社会の変化が大変急速に進んでいます。他方では環境をめぐる問題が生じ、社会は複雑になり、学校教育の場では登校やいじめの問題などがどうしても見逃すことのできない状況にたちいっています。大学は、これに積極的に対応していかなければなりません。また、情報化・国際化によってもたらされた新しい文化的需要、高福祉社会を推進するための諸要求、リフレッシュ教育に関する諸要請、地域的ニーズなどをふまえ、学際的専門性をもった人材を社会に送り出すことが求められています。

  教育の現場を考えてみます。 最近盛んに話題を集めているのが「いじめ」の問題です。 事件が起きたり、迷惑行為があれば、必ずそこには被害者と加害者が存在します。 世間の人たちが盛んに問題とするのは「自分の側が被害者」になる場合なのです。 基本的には被害者の数と加害者の数は同じはずです。 「いじめ」問題にしても、自分や自分の子供がいじめられる側(被害者)になることには神経質ですが、いじめる側(加害者)になることには無神経であるし、大した問題意識は持ちません。 

 また、逆の問題も起こってきます・・・「いじめられる側・被害者」をなのれば、自分の側には席には生じませんから、問題が起これば、一番に被害者を名乗ってしまう人たちが多いことです。 被害者を名乗ることは簡単ですが、そこで、大きな問題は生じます。 被害者がいれば、そこには加害者がいるということになります。 誰が加害者か?というもんになることです。 実際には、被害者が存在しないのに、名乗り出る人がいれば、加害者が同時に問われることを(被害者を名乗る人は)知っておくべきです。 実際に、会社などでは、深刻な問題として捉えらえてます。

            個別指導塾・東アカデミー

新たな社会的状況を見据え、21世紀を迎えて、教育学部はこれまでの教育体制を見直し、教育組織及びカリキュラムを一新し、学部教育を一層充実さセル大学が増えつつある

 教育学部では、地域の小中学校の要請を受け、あるいは協力を得て、学生を積極的に
教育現場に派遣する大学もある。

   芸術学部