大学入試情報

                < 農学・水産学部>

 海洋水産学・応用生物化学・農業生産科学・共生バイオサイレンス・生産環境科学・・・

入試情報/Top

 

 法学部

 経済・商学部

 文学部

 教育学部

 芸術学部

 社会(福祉)学部

 情報学部

 理工学部

 農学・水産学部

 

 看護(保健)学部

 薬学部

 医学部・歯学部

 

 

 

コンテンツマッチ広告のブレイナー 

 

 Home

 入試情報/Top   

 生命、食料、環境に関する総合的かつ専門的な教育機関が農学部・水産海洋学部です。農学とその関連分野における最先端的学術研究の中心的役割を果たせる研究者を養成する農学研究科がある。生物資源の生産・開発に関わる産業だけでなく、加工・保蔵・流通・消費までの広範な産業界で活躍できる人材の育成をめざす生物産業学研究科、専攻を設置している大学もある。農を基本に人と環境との調和ならびに社会の諸課題を視野にとらえた科学、技術の発展への貢献が求められている。化石燃料の多量消費や森林伐採などによる植物密度の低下によってもたらされた温暖化、爆発的な人口増加に連動できない農産物の生産性向上の不足による慢性的な食料難、利便と安全のバランスが崩れた食品、生活習慣病の低年齢化−快適を追求したはずの現代社会に突きつけられる強烈なパラドックスに、あらゆる最先端科学が挑戦する中、「農学」も大きな役割を担っています。応用生物科学科は、バイオテクノロジーによる生物資源の有効利用方法などを探る。

 

              

 

最近、大規模の埋め立て、産業・生活排水の増大のように人間の社会活動に伴う海洋の環境変化や汚染問題および海洋の資源変動と海洋環境の変動との関わりなどが注目されるようになり、新しく海洋環境科学に関する教育・研究が本格的に行われるようになりました。

海と人間社会との係わりから生じる海洋環境問題、生態系の保全、稀少生物の保護、資源管理の問題が注目されています。このような問題を科学的にとらえ、将来の社会に伝えていくには、水産科学が蓄積してきたこれまでの知識や技術が大いに役立つものと考えられます。

 

 

クローン牛を実現したり、クロマグロの完全養殖に世界で初めて成功するなど、最先端科学技術の拠点校として、輝かしい伝統と実績を誇っている大學もある

 

 海洋生物や海洋環境を含めた水産科学の分野の高度な教育を学生に提供し、広範な分野にわたった活発な研究活動を維持することが水産学部の目的です

     看護学部