仕事人,職人,専門職,プロフェッショナル,流儀

                 < 写真 > 専門学校

  情報写真・宣伝や広告にかかわる伝達するための写真・アート写真など。

専修・各種/Top

 

 経理・法律関係

 ビジネス

 外国語

 ファッション

 服飾

 家政

 芸術/デザイン

 芸能

 

 写真

 電気

 エレクトロニクス

 工業技術

 農業

 園芸

 保育士

 教員養成

 社会福祉

調理

 栄養

 料理

製菓

 理容

 美容

 医療

 スポーツ

 教養

 入試情報/Top   

 従来のフィルムを使ったアナログ写真技術の需要は急速に減りつつあるのが現状です。デジタル写真の時代になりつつあるともいえます。   アナログが現像の技術を必要としたように、デジタルでは編集の技術・センスが問われます。 カメラの構造、機械の役割と操作、作品の仕上がりまでのプロセスを学びます。     

     

        <コンパクト・デジカメの選び方>                 

   * プリントアウトすることを考えれば、画素数は大きければ大きい程よいでしょう

 PCなどの画面で見る場合は、300万画素以上あれば十分と思われます

  * 撮像感度(ISO)なども重要な要素となりますが

 色の出方には各メーカーの特徴・個性がありますので、お好みのものを選ばれるとよいでしょう

人物を主に撮られるのなら肌の色・質感を基準に、風景ならば空の青・自然の緑を基準に、

 室内など自然光以外の状況でなら影の部分(の好みの色合い)を基準に選ばれるとよいでしょう

(推奨) ミラーレスと呼ばれるカメラ にみられるように コンパクト・デジタルカメラと一眼レフ・デジタルカメラの中間に位置するものもあります。レンズも大きく、撮像感度(ISO)なども優れていますし、レンズと本体が一体となっていることもあって、管理・維持などもしやすく、こちらもオススメの一台です。 ただ、一つだけ注意しなければならないのは・・・DPIという解析度のこと。DPIが72のカメラと300のカメラでは長辺30cm以上に出力した場合はかなりの差が出ます。長辺100cm以上に出力するにはDPIが300のカメラが必須です。72であれば、解析度が低く話になりません・・・ぼけた写真になってしまいます(・・・・画素数の大きさを気にする人は多いのですが、出力する場合に大切なのはDPIと言われる解析度です)。 ディスプレイ上で長辺800ピクセル程度の画像を展示するのであれば、コンパクトデジカメでも十分な画質が得られます。例えば、旅行写真や簡単なポートレトであれば。 ただ、操作が簡単な分は難しい設定での撮影もできません。

           

 ビジュアルアーツ・写真学科の例を紹介しましょう。映像論・写真科学・写真批評・表現論・カラー写真論・現代写真作家研究・スタジオワーク・セッティングワーク・ルポルタージュ・デザインワークなど・

 主な就職先は・・・・出版社・広告代理店・新聞社・広告制作など、フリーのカメラマンもいます。報道写真・広告写真・営業写真など様々な分野があります

  専修・各種/To