仕事人,職人,専門職,プロフェッショナル,流儀

 

                       <農業> 専門学校

 バイオテクノロジーは、農業分野でも新たな技術として色々な場面で利用され、日本農業の発展に寄与しています。

専修・各種/Top

 

 経理

 ビジネス

 外国語

 ファッション

 服飾

 家政

 芸術/デザイン

 芸能

 

 マスコミ

 電気

 エレクトロニクス

 工業技術

 農業

 園芸

 保育士

 教員養成

 社会福祉

調理

 栄養

 料理

製菓

 理容

 美容

 医療

 スポーツ

 教養

 入試情報/Top   

カリキュラムは、高度な専門性、幅広い教養性、現場で役立つ実践性、3つのバランスを考えて構成されることが理想的です。農業経営科は、作物園芸、経営流通、畜産加工の3つのコースに分かれるところもあります。

安全な食材で作られた栄養バランスの良い食事を取ること、安全な食材の生産・販売の方法(作物のタネを播き、育て、収穫し、加工して販売する、あるいは家畜の出産を世話し、飼育し、加工販売する)を学びます。・・・ところで、将来的な食糧問題について。農業の近代化、遺伝子組み換えなどによる生産力アップなどを考えれば、100億人の人口くらいまでは、支えられると思われますが、それは、あくまで、地球レベルでの環境問題がクリアされればの話で、二酸化炭素の増加による海面上昇などが(科学的に真実であるなら)、このような試算は成り立たないことになります。 それ以前に問題なのは、富裕国での食べすぎ(による肥満の問題は別としても)という現実があり、一方では、貧困による食糧難などをいかに解消するか?にかかっていると思われます。

         

 

また残飯の肥料化技術とその利用についても学びます。
この様な「食農一貫教育」の中で、安全な食材の生産から食について学ぶのが「農業経営学」であり、栄養を中心にして、食材生産についても学ぶのが「生活栄養学」です。

農業や食の分野でも、農薬、畜産廃棄物、食品廃棄物などが環境の面から、さらに資源の節約の面から、それぞれ重要な問題となっています。環境保全・循環型農業と有機農業は21世紀の農業と食の中心課題となると考えられています。「環境保全・循環型農業の実証研究」が大切なテーマです。

本格的なガーデニングがやさしく身につく!「ガーデニング講座」 

 バイオテクノロジーは、農業分野でも新たな技術として色々な場面で利用され、日本農業の発展に寄与しています。「作物バイテク」と「畜産バイテク」の施設を完備し、充実したバイオテクノロジーの教育が必要です。

      

就職先・・・情報を広く集めて学生に提供したり、卒業生を招いてセミナーを開催するなど、農業や栄養関連分野に広く就職ができるよう、きめ細かな進路指導を行こなわれている専門学校もあります

管理栄養士の資格取得に向けて、特別講義による重点的指導を行い、その他、グリーンアドバイザー、毒物劇物取扱責任者、家畜人工授精師、家畜体内受精卵移植師、大型特殊自動車運転免許など、様々な資格取得の指導を行っていることろもあります。

 専修・各種/Top

 Home