仕事人・職人・専門職・プロフェッショナル・流儀 

   新たな進学先として専門・専修・各種学校が注目されてます。

    専門的な資格を取得するための学校です。

専修・各種/Top

 

 経理

 ビジネス

 外国語

 ファッション

 服飾

 家政

 芸術/デザイン

 芸能

 

 マスコミ

 電気

 エレクトロニクス

 工業技術

 農業

 園芸

 保育士

 教員養成

 社会福祉

調理

 栄養

 料理

製菓

 理容

 美容

 医療

 スポーツ

 教養

 入試情報/Top   

 資格が取れる。自分の関心にあった学科・コースがとれる。就職に有利である。専門学校に学んで、国家試験各種の資格に挑戦できることです。専門学校で学び、取得資格、受験資格が取れる主な公的職業資格…医療関係が多く、看護士・歯科技工士・歯科療法士。臨床検査技師・診療放射線技師・・エックス線技師などがあります。その他では、建築士、無線技術史・情報処理技術史・自動車整備士・栄養士・調理師・美容師・保健師・保育士・測量士などがあります。

 

   東アカデミー  < 塾講師募集の詳細 >

 今の時代は、偏差値50以下の大学をでるよりは、専門学校に通って、資格を取ることが人気があるようです。 実際に、就職のことを考えれば、即戦力として資格を取っておくことだと思います。 とはいえ、大学を出るにしても資格を取るにしても、就職状況を有利にすることを前提とした発想には変わりません。 そのような、雇われることを前提とした考えではなく、社会が自分(己)を必要としている・・と言うような考え方で学業・資格を身に着けることが大切だと思います。 現代または未来社会がどのような人物を必要としているか?ではなくて、自分の能力やスキルが必ず必要とされている!と考えるべきでしょう。 主体は自分自身であり、その時代の価値基準ではないと考えるべきです。 このような思考は、自分自身に自信が持てること、時代の価値基準に振り回されないこと、ですね。

 

 学校選びのポイント・・・専修学校・各種学校・無許可校の区別は大切です。優良校を選ぶには、十分な下調べが必要です。事前に先輩や友人などの評判、教師からのアドバイスも大切です。パンフレットや学校案内を集め、カリキュラム、学費、就職状況などを比較検討してください。できれば、その学校に(友人などを伴って)直接訪問してみることがおすすめです。在校生に直接、授業内容などを確認できるからです。大学生が大学の看板で就職活動するように、専門学校生は資格(ライセンス)が勝負になることを知っておきましょう。東アカデミー

   

ホームページデザイナー養成講座、紅茶コーディネーター養成講座などさまざまな講座の詳しい資料を無料で送呈中です。         

 

 大学・短大を選ぶことに比べて、専門学校の選択は難しいことになります。多種多様な学校があること、小規模なところも多く、その学校の情報(授業内容・カリキュラム)が分かりにくいためです。

教育内容から大別すれば、工業、医療、衛星、教育、社会福祉、商業実務、服飾家政、文化教養、農業の8分野に分けることができます。どの学校に行けば、どの資格を撮るのに近道なのかを知ることが大切です。

 専修・各種/Top

Home