大学入試情報

                < 資格を取るなら・・・>

 行政系・法律系・経営労働・土地建物・国際関係・教養・福祉・医療・工学・情報/能力検定など

試情報/Top

 

 専門学校

 新設大学

 資格を取るなら

 能力検定

 短大

 推薦(AO入試

 センター入試

 偏差値

 オープン       キャンパス

 予備校・塾

 学費・奨学金

 アルバイト

 

< TOP >

 

 中学受験

 高校受験

 

 

 入試情報/Top   

 行政系・・・警察官、消防士、国税庁官・地方公務員・国家公務員。     法律系・・・税理士、行政書士・司法書士・裁判官・検察官・弁護士。  土地建物・・・宅建建物取引主任者、不動産鑑定士・土地家屋調査士、建築士、建物施工管理技師。  経営・労働・・・社会保険労務士、中小企業診断士、弁理士、公認会計士。  国際関係・・・国連職員   観光・・・旅行業務取扱管理士        教養・・・学芸員・図書館司書   福祉系・・・社会福祉士・ホームヘルパー保健師・介護支援専門員など    医療関係・・・理学療法士、視能訓練士・作業療法士    情報・・・基本情報技術者、システムアドミストレータ      工学系・・・機械設計技術者、ガス溶接作業技術者、危険物取扱者、電気工事施工管理技術士、無線技士。

・・・・ 一般論 ・・・・・・・・・

資格を取ることが生きるすべになると考えるのはごく自然なことですが、それは、庶民(支配される側)の論理であり、行政(権力の側)の論理ではありません。 実権(行政を司る側)からすれば、それぞれの資格を持った者たちに責任を分担させるという仕組みを作っていることであり、大きな目で考えれば、責任の分担に他なりません。また、責任の一部を背負えば、その分は金銭が発生するという構造になっているわけです。

言い換えれば、責任の発生しないところには「金銭」は発生しません。ですから、社会に参加するということは、世の中の責任の一部を背負うことに他なりません。責任の所在がはっきりしない職業や公的に認知されないような職業は(受け取る金銭面でも)社会的な責任・リスペクトされる面でも、相対的に低いと考えてよいでしょう。

親が子供に対する期待と放任とは、今の時代ではどのようには把握すればよいことでしょう。 子供は1人または2人の場合が多く、中には結婚はするが子供はいらない・・とか、結婚もしない男女が増えつつあります。少子化は進む一方ですね。そんな中で、親が子供に(社会的に)恵まれた地位につくことを期待し、塾などに通わせ、高学歴を望む親たちと、あまり教育には熱心でない(教育とは勉強だけではないので、部活や様々な活動などにも熱心でない)親がいることは事実ですね。これを「放任主義」などという簡単な言い方で片付けますが、実は教育に不熱心なだけだったりします。

 

 

 

     

 

 

視覚を取る準備は大学に入ってからでも間に合いますが、その資格を取るのに近道とされる学部があります。

能力検定については、合格または良得点をとれば、就職に有利になるでしょう。

 

  Home