大学入試情報

                < 予備校・塾・家庭教師 >

 本来は補助的教育機関であるが・・・

試情報/Top

 

 専門学校

 新設大学

 資格を取るなら

 能力検定

 短大

 推薦(AO入試

 センター入試

 偏差値

 オープン       キャンパス

 予備校・塾

 学費・奨学金

 アルバイト

 

 

 

 中学受験

 高校受験

 Home

 学習塾

 入試情報/Top   

 予備校とは、学校の入学試験に合格するために通ったり、資格などを取るために通うものである。一般的には、大学入試のために通う浪人生のためにあることが多い。

とは、学習塾の省略語として使われる。最近では予備校を塾ともいう。塾には講義形式で授業が行われるグループ指導塾もあれば、人数制のところ、個別指導・個人指導塾など様々である。

 家庭教師とは、家庭に通ってくる講師・教師のことをいう。教える講師・教師の技量・熱意などによって効果にはかなりの差があると思われる。 ・・・それから、国際人として生きていくために。 英語が自由に扱えることは当然ですが、この島国(日本)に暮らしていれば、この国の常識は海外では非常識となることもしばしばあります。 例えば・・・隣国から(慰安婦問題や靖国参拝など)様々な批判にさらされていることは周知の事実ですが、これらは国境を接した国々では当たり前のこととなってます。当たり前だから、それで良いというわけではありません。 外に目を向ければ、このような批判や”恨み”などは世界中のあちこちで存在するということなのです。 この国(日本)とよく似た事情の国にトルコがあります。 似ていることから列挙すれば・・・国力・軍事力が周囲国を圧倒していることです。そして、かって「侵略の歴史」を持つことです。 トルコで言えば、アルメニア虐殺であり、日本で言えば、第二次世界大戦時の朝鮮半島、中国大陸、東南アジア職への侵略ですね。 トルコの場合は100年前のことであり、この国では70年前の事実です。 いじめと同様に、加害者は歴史の一ページに過ぎず、被害者は孫の代までの”恨み”となります。 政府として、その侵略の歴史から目を背けるのは、賠償問題が起こること、そして、自身の政権座が危うくなることです。 ナショナリズムの問題として考えがちですが、”真実”はこの辺のところにありそうです。 アルメニア虐殺においては、その被害者が推定でも50万〜160万と、その数字だけでもかなりの隔たりがあります。 慰安婦問題についても、その実態は明らかではありません。 いずれにしても、被害者側は、自国の内政問題から目を外に向けるためであったり、国際政治の世界で自国の立場を優位にしようともくろみが見えてくることも多くあります。 世界史を考えるとき、民主化の歴史であるというような”甘い”話ではなく、戦争・略奪・虐殺・搾取・利権争いなどの歴史であると考えた方が理解しやすいように思います。 …国際感覚とは、自国ばかりを中心に考えるのではなく、世界史上で何が起こってきたか?今現在、何が起こっていて、その要因はなんであるか?という疑問を常に持つことだと思います。 民主化と平和、平等をうたいながら、水面下では武器輸出をしているような国はいいくらでもあるということですね。 また、富の分配などと言いながら、エネルギーや資源獲得を最優先している国も多くありますね。

 

 

 自信をもって21世紀の国際社会を生きるために。翻訳・通訳会社として25年以上の歴史を持ち、業界を常にリードしているDHCでは、みなさんのご要望に応じた多くのコースをご用意しています。「スピーキング講座」「英日翻訳講座」「ヒアリング講座」「英文ライティング講座」「TOEIC対策講座」「マルチメディア講座」各種講座申込プロモーションです。                              

     

  友達も多ければ楽しく勉強できるし、たくさんの中で競えるので、そういう環境が励みになる人や燃えるという人には大手予備校がいいでしょう。

自分専用に何でも相談したい・・・ そんな人は個人指導・少人数制予備校・塾・家庭教師がおすすめです。